Categories
カジノ

日本で物議を醸すカジノ

日本では、政府がカジノを統合型リゾートの一部であると主張しています。なぜならリゾートは雇用を創出すると同時に、観光客を非常に引き付けることができるためです。彼らの主張は間違ってはいません。リゾートにカジノがあれば、世界中の観光客が喜ぶでしょう。しかし反対派は、これによりギャンブル依存症が助長され、裏社会の暴力団らを強化することになると主張しています。このガイドでは、なぜ日本でカジノが物議を醸しているのかについてお話します。

ギャンブルに関する日本の法律を改正すべきという提言が出されてから20年以上が経過した2018年7月20日、日本政府はリゾート複合施設の一部としてカジノを合法化する法案を可決しました。日本政府は統合型リゾートを整備することにより、すべてのホテルを一か所に集中させることが可能となると主張しています。さらに会議施設や劇場、小売店、娯楽施設、レストラン、カジノなどの施設についても一か所に集中させることができるとしています。また、日本政府は統合型リゾートにより数千人もの雇用が創出され、地方公共団体にも追加収入をもたらすとも述べています。さらに、日本に新たな外国人観光客を呼び込むとも主張しています。日本はすでに世界で最も多くの観光客が訪れる国の一つとなっておりますが、日本が統合型リゾートを整備した場合、彼らが訪れる場所となるでしょう。これを聞いた後、日本国民は反応を示しました。

カジノゲーム

日本政府は、IR整備法(カジノを含む統合型リゾートを設置するための法律)の採決を遅らせるため野党側が提出した内閣不信任決議案を否決し、6か月に渡る会期の最終日に法案を可決することができました。

同法に基づき、今後国内3か所が日本で最初の統合型リゾート候補地として選定され、2020年代半ばまでに稼働開始することが予定されています。しかし、新型コロナウイルスのパンデミックにより、この動きが妨げられ鈍化しました。日本政府は、初期のプロジェクトが問題なく成功を収めれば、今後はこれらの考えを念頭に持ちつつ、より多くのリソースが投じられていくだろうと述べています。

ポーカー

日本では合法的なギャンブルが公に行われており、競馬やモーターボートレース、様々な種類の試合やアクティビティに賭けることができます。批評家らは、法案に盛り込まれたギャンブル依存症対策は不十分であると警告しています。多くの法律が成立しており、政府は統合型リゾートの整備が今後前進することは間違いないとも述べています。日本政府によると、次の段階では、地方自治体が複数のパートナーを選定し、政府も入札者のため優れた候補地を数か所選定することになります。

以上を読んで、日本でギャンブルがいかに物議を醸しているか、ご理解いただけたのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *